福彩内蒙古时时彩视屏 www.ndxdvp.com.cn

『百度(Baidu/バイドゥ)』をはじめとして、中國國內で活用されているWEBサービス(SNS含む)の多くが、高い獨自性を保っています。

それらを巧みに使いこなせるかどうかで、「日系企業がブランド力アップ?集客アップできるかどうか決まる」と言っても過言ではありません。

例えば、中國で人気を集めている日本のタレントは、TwitterやInstagramなどで日本のファン向けの発信をするだけではなく、中國獨自のSNS『新浪微博(weibo/ウェイボ)』を使って、中國語で中國のファン向けに情報を発信しています。

中國由來のWEBサービスが、中國本土においてきわめて強い理由には、Googleなど世界的なWEBサービスが使えない情報規制の厳しさ、そして中國という“國そのもの”の特性と中國人の価値観が影響しているのですが、今回はそのあたりを一旦置いておき、


? 何かの代わりに中國で使われているWEBサービス
? 中國でのPR成功および売り上げアップに欠かせないWEBサービス

上記の観點から、中國で人気を集めるWEBサービスについて、解説していきます。

「中國で世界的なWEBサービスが使えない理由」を詳しく知りたい人は、下記コラムを併せてご覧ください。

? 『中國のニューメディア事情 | 普及の経緯と獨自の発展』

中國で使えない世界的WEBサービスの代わりに、中國人が重寶する6つのWEBサービス

GoogleやTwitter、YouTubeなど世界的にはメジャーでも、中國においては情報規制などを理由に使えないWEBサービスがいくつも存在します。

では、中國に住まう人がWEBで検索をしたり“つぶやき”をしたり、動畫を見たりしないのかというと、もちろんそんなことはありません。

中國では使えないWEBサービスの代わりに、現在進行形で「中國発祥のWEBサービス」が日々展開され続けており、中國の人々の暮らしを支えています。


1. Googleの代わりに使われる「百度(バイドゥ)」
2. LINEの代わりに使われる「微信(ウェイシン)」
3. Twitterの代わりに使われる「微博(ウェイボ)」
4. Facebookの代わりに使われる「人人網(レンレン)」
5. Instagramの代わりに使われる「快手(クゥアィシォウ)」
6. YouTubeの代わりに使われる「優酷(ヨウク)」

厳密には「代わりに」ではなく、「同じような感覚で使える」と表現すべきかもしれませんが、この記事では便宜上「代わりに」としておきましょう。

【1】Googleの代わりに使われる「百度(バイドゥ)」

中國本土では「グレート?ファイアウォール」と呼ばれる大規模ブロッキングの影響で、Googleが提供するサービスをほとんど使用することができません。

當然Google検索も行えないために、中國生まれの検索エンジン「百度(バイドゥ)」が圧倒的シェアを占めることとなりました。

Googleのアルゴリズムとは異なる、獨自アルゴリズムを百度は有していて、例えば“検索キーワードに関連深いページを限られた範囲から拾ってくる”のではなく、“検索キーワードに関連しそうなページを広い範囲から拾ってくる”などの特徴があります。

そうした細かいところ以外の、基本的な検索性能は、Google検索とほとんど同じです。

ちなみに、Googleアナリティクスと同じ感覚で使えるツールに、「百度統計」があります。

中國本土においてアクセス解析をする場合に、活用してみましょう。

百度?バイドゥについてもう少し詳しく知りたい人は、下記コラムを併せてご覧ください。

? 『中國のメイン検索エンジン、百度とは?』

【2】LINEの代わりに使われる「微信(ウェイシン)」

LINEと同じ立ち位置のWEBサービスが、中國の「微信(ウェイシン)」です。

微信は「WeChat / ウィーチャット」とも呼ばれ、このWeChatによる決済システムや予約システムが、中國人の暮らしに密接しています。

メッセージや通話だけでなく、毎日の買い物や移動などあらゆるアクションを、WeChat1つで便利に済ませることができますし、それが當たり前と捉えられています。

中國から日本に訪れた観光客の中には、「WeChat Payが使えないなんて驚き!」という人が少なくありません。

中國向けのマーケティングを行うなら、WeChatなどから起こる“支払い感覚の違い”を、理解することが必須だと言っても過言ではないでしょう。

【3】Twitterの代わりに使われる「微博(ウェイボ)」

中國は、SNSの種類が非常に多いです。その中でも、Twitterの使用イメージにおそらく1番近いものが、「微博(ウェイボ)」でしょう。

カジュアルに日常を呟く感覚や、フォロー?フォロワーの仕組みなどが、Twitterとほとんど同じであり、中國獨自のWEBサービスに慣れていなくても扱いやすいです。

そのため、日本のいち蕓能人?タレントが多く活用しているSNSでもあります。

【4】Facebookの代わりに使われる「人人網(レンレン)」

日本においてFacebookは、カチッと引き締まった印象のSNSですよね。

Facebookはプロフィール上で本名や學歴、現在の勤め先を明らかにして匿名性を下げ、発信する情報の信頼性が高いことを認識してもらうなど、他のSNSではあまりしない使い方をすることが多いです。

このFacebookの代わりになるものが、「人人網(レンレン)」という中國のWEBサービス。

人人網は、Facebookと同様に実名登録が推奨されているSNSで、中國にあるその他多數のSNSと比較して、やはりFacebookと同じように【5】Instagramの代わりに使われる「快手(クゥアィシォウ)」

中國では使えないInstagramと、同じ感覚で使われているWEBサービスが「快手(クゥアィシォウ)」です。

Instagramと違い、快手が投稿?共有できるのは動畫のみ(57秒以內)。

ただ中國では寫真や畫像よりも、動畫を使った自己PRや企業PRが大流行中で、そのために動畫に特化したSNSが強く支持されているので、快手の立ち位置はInstagramに匹敵すると見てよいのです。

Instagramの機能に近いWEBサービスには、他に高解像度アップロードに優れた「糖水(タンシュイ)」、プロモーションに強い「nice」などもあります。

大人気動畫サービス「TikTok」は中國から伝わってきた

中國では動畫を使った自己PR、および企業PRが大人気であることを先述しました。

実はその“人気の波”は、日本にも屆いています。

若年層を中心に大流行している「TikTok(ティックトック)」、このWEBサービスは中國で生まれて、日本までそのムーヴメントが波及したものなのです。

中國語では「抖音」という名で同サービスが普及しており、中國にはヘビーユーザー(毎日活用する)が、7000萬人以上いると推測されています。

【6】YouTubeの代わりに使われる「優酷(ヨウク)」

中國では現狀、Googleが提供するWEBサービス全般が規制されているので、その代表格であるYouTubeの視聴もできません。

その代わりに動畫視聴サービスとして、中國のネットユーザーに普及しているのが、「優酷(ヨウク)」です。

日本でいうユーチューバーが活躍しているのも優酷界隈で、日本でも人気のゲーム実況動畫もアップロードされています。

優酷はYouTubeよりも著作権に違反する動畫の管理が甘く、日本のアニメやドラマの違法アップロードのために悪用されることもしばしば。

しかし優酷はもちろんこの事態を問題視しているので、これからはYouTubeのように、どんどんチェックが厳しくなっていくかもしれません。

ちなみに優酷の他にも、中國で利用されるYouTube代わりの動畫視聴サービスには、「愛奇藝(アイチーイー)」「騰訊視頻 / テンセントビデオ」があります。

他にも様々ある、○○代わりの中國WEBサービス

今回の記事では詳しく取り上げませんが、中國本土では使えないWEBサービスの代わりに、中國で普及しているWEBサービスは他にも數多くあります。

以下で、いくつか名前だけ紹介しておきましょう。


? 中國版ニコニコ動畫 ?「嗶哩嗶哩(ビリビリ)」
? 中國版食べログ ?「大衆點評」
? 中國版ホットペッパー ?「小紅書 / RED」 ……etc

PR成功および売り上げアップに欠かせない中國のWEBサービス

中國本土における商品やサービスのPR成功、およびそれに基づく売り上げアップのために、まず1番大事なのは「WeChat」でしょう。

日本でLINEを活用して新商品やSALEの情報を配信するように、WeChatでも積極的に情報発信を行うことが推奨されています。

その理由は、ユーザーが「情報を見る」から「商品を買う」までに踏むフローが、WeChatの場合、最小限に短縮されていることにあります?!腹漸單ぅ趣訴w移する」過程が丸々省かれると考えると、分かりやすいです。

要は、WeChat活用の場合、ユーザーを迷わせないぶん、コンバージョン率が高いのです。

中國のネットユーザーのほとんどが利用しているという、アプローチのかけやすさも魅力です。

中國版SNSで影響力の強い人に宣伝を依頼する「KOL」

また、中國版SNS全般を活用したPRの効果が、おそらく日本よりも高いことも、知っておけば便利です。

日本で“インフルエンサー”が宣伝した商品?サービス、観光地の人気が上昇することがあります。

中國においても例外ではなく、SNS上で注目を集める人物(ただしタレントではない)による、商品?サービスの宣伝効果が他國よりも高いことは、中國マーケティング通の間でもはや常識。

宣伝したい商品に対して専門性が高いけど、タレントではない人物(ヘアトリートメント?カリスマ美容師など)に依頼できれば、より高い宣伝効果を生み出しやすいでしょう。

こうしたマーケティング手法は、「KOL」と呼ばれています。

中國ユーザーは長い動畫広告などを嫌う傾向が強く、企業からの一方的な宣伝を疑っており、その一方で一般人の口コミを信用している傾向があるため、「KOL」のような中國版SNSで効果を生みやすい手法が、評価されているのかもしれません。

まとめ


? 中國で使えないWEBサービスの代わりに、何が臺頭しているのか知ろう
? 中國から起こったWEBサービスで最も重要なのはWeChat
? 中國版SNSを活用した「KOL」に注目しよう

以上、情報規制などをキッカケに、中國人の生活?文化に合わせて発展した、WEBサービスについて紹介しました。

中國本土では使えないWEBサービスに対し、どのWEBサービスが代替しているのか把握することは、この記事に目を通すように、簡単にできます。

ですので、中國進出での成功を目指す日系企業様は、「なぜそのWEBサービスが選び取られているか?」、もう一歩先に考えを及ばせてみてください。

そこに、中國マーケティングのさらなるヒントが隠されているでしょう。

福彩内蒙古时时彩视屏にご相談ください。