福彩内蒙古时时彩视屏 www.ndxdvp.com.cn

「売り上げアップ」のために、企業ブランディングがとても大きな役割を果たすことは、すでにほとんどの日系企業様が理解していることだと思います。


● ロゴマークの変更
● ユーザビリティの高いWEBサイトへのリニューアル
● コンテンツSEO
● SNSを使った企業PR  ……etc

現狀“ブランド”として広く認知されていない、自社の知名度を上げていくため、マーケティング擔當者は日々、様々な取り組んでおられるでしょう。

さて、日本でのブランディングは成功をおさめた企業が、より広い購買層をおさえるために、中國大陸への進出を考えている場合。

「日本で支持を得るため、様々なブランディングに取り組み、それが成功しているのだし、あえて売り込みを見直す必要はないのかな?」と思う人がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

日本國內でのブランディングがイマイチで、「知名度アップに未だかなり伸びしろが殘っているかも……?」という企業も、日本國內でのブランディングは一応成功をおさめている企業も、中國への売り出し(マーケティング?PR)は、日本での経験と切り分けて考えることを推奨します。

 
今回は、実際に當社『HLカンパニー』が、上海に拠點を置くマーケティング企業である獨自の視點から、中國でのブランディングを成功させるための秘訣を、お伝えしていきます。

中國でのブランディングに成功している日系企業の例


● 資生堂
● 花王
● Panasonic
● SONY
● 東芝
● UNIQLO
● アサヒ
● サントリー
● キリン
● ハウス食品  ……etc

上記は実際に、中國でのブランディングを成功させている、日本の有名企業の數々です。

改めて調べてみると、中國でのブランディングに成功している企業の數が膨大であることに気付かされたのですが、全體的には、コスメ系や電気製品関連、飲食関係の企業が中國で強い傾向が見られます。

日本でのブランディングに大成功をおさめている企業が、必ずしも中國でも成功する訳ではない

上記で取り上げた、日本のコスメ系企業や電気製品関連企業、そして飲食関係企業は、ほとんど名前を聞いたことがあるでしょう。

資生堂も花王も、PanasonicもUNIQLOも、日本國內での認知度はほとんど100%に達するものと思われます。

要は、ずっと前に日本でのブランディングに成功しており、長くネームバリューを保っている大手企業ですよね。

では、「日本でのブランディングに成功してさえいれば、中國進出した時點でブランディングの成功は決まっているのか?」と問われると、答えは「NO」です。

例えば、“20~40代くらいの日本人では知らない人がいないほど有名で、海外でも注目されている日本の某アパレル企業”のことを、中國本土でずっと暮らしている人の多くが知らないことに、當社の日本人スタッフは大変驚きました。

また、Twitterで數百萬のフォロワーを持つ日系企業関連の著名人の名前を、「△△っていう企業の○○さんって知っている?」と、社內中國人スタッフ數名に尋ねてみると、皆「うーん……?」と首をひねっていました。

(※聞いたことがあるような、ないような……という反応でした。)

その確実な理由は判斷できかねるものの、中國向けのブランディングに、本腰を入れて取り組むのでなければ、仮に日本では名の知れた大企業であっても、おのずと注目されるとは限らないという訳です。

中國本土向けの本格的なブランディングをしない限り、日系企業やそこに関係する著名人の認知度は上がりにくいのは、中國本土のネット規制が厳しく、國外から入ってくる情報が少ないからかもしれません。

< 併せて読みたいコラム >

? 中國のサイバーセキュリティ法律が日系企業に與える影響

中國でのブランディングを成功させる3つのポイント


1. 「安い商品(サービス)の需要」がまだ高いことに注目する
2. 「口コミの強さ」を知る
3. 知名度がない狀態からのブランディングは「KOL」がカギ

上記で挙げたのは、日系企業が中國でのブランディングを成功させるために意識しておきたい、3つのポイントです。

以下ではそれぞれのポイントを、簡単に解説していきましょう。

【1】「安い商品(サービス)の需要」がまだ高いことに注目する

中國の経済は、確かに発展しました。日本に來た中國人観光客が、小売店で大量の商品を購入しているのを見て、「羽振りがいいのかなぁ……」などと、少し羨ましく思ったりするものですよね。

ただ、1つ覚えておきたいのは、“中國人が皆、お金を持つようになった”訳ではないことです。

全體的に國が豊かになっている一方で、いわゆる貧富の差が非常に大きいことが現狀。

一部の富裕層を除き、安い商品(サービス)が何だかんだ売れます。

「獨身の日」など中國獨自のセール日に大特価の広告を打ち出すなど、なのです。

< 併せて読みたいコラム >

? 中國の特大セールカレンダー

【2】「口コミの強さ」を知る

近年の日本では、「口コミはあてにならない」という風潮があるように感じられます。

では中國はどうなのかというと、逆にメディアからの広告を「あてにならない」と思う傾向が強く、一般ユーザーからの口コミのほうを信頼します。

「猜疑心がどこに向くのか?」ということに、國民性によって差異が出ることを示す、興味深い傾向ですね。

ちなみに、中國では「口コミ」のことを「口碑(コウベイ)」と言い、中國でのマーケティングで意識するのは必須だという考えもあります。

もちろん、企業(の商品?サービス)の名を中國で広めるうえでも、「中國の口碑の威力」を活用しない手はありません。

中國の大型ECサイト「タオバオ」では、口コミでよい意見が集まる商品の人気が頭1つ抜けて高いですし、近年は口コミアプリ「小紅書(RED)」が急速に普及しました。

他にも口コミ主力の中國サイト?アプリは多數あるので、モニターキャンペーンなどを通じ、人から人へ企業のことを広めてもらいましょう。

< 併せて読みたいコラム >

? 中國人×口コミの重要度

先ほど述べた「中國の口コミの強さ」から紐づくブランディング手法に、「KOL(キー·オピニオン·リーダー)の活用」があります。

KOLとは、SNSツールで拡散力を持つ人、いわゆる“インフルエンサー”のことです。

中國の検索エンジン「百度(バイドゥ)においても、日本のメイン検索エンジン「Google」と同様に、SEM(SEOやリスティング広告)が、企業の認知度アップには効果的です。

ただし、中國ではほぼ名前が知られていない企業の場合は、SEM頼りだとブランディングが成功するまでに時間がかかってしまうのです。

その時點で認知度が低くても、人気KOLに紹介されれば、短期間かつ広範囲に企業PRをできることが、KOLマーケティングの強みです。

KOLである程度まで認知度が高まったところで、SEMに取り組むと、さらによいブランディング効果が得られるでしょう。

< 併せて読みたいコラム >

? KOLマーケティングとは?

「日本ブランドの過信しすぎ」に注意する

中國で、日本の企業のブランディングに取り組む際に注意したいのは、です。

「日本製の物なら信頼するだろう」「日本のブランドが好きだろう」というのは、少し前の、それもかなり偏った中國消費者のイメージ。

経済格差は大きいものの、著実に発展を遂げている中國では、「日本のブランドもの=良い」と無條件には考えない目の肥えた消費者が増えているのです。

「日本のブランドはすごい!」という思い込みは、中國に限らず、あらゆる國でのブランディングを停滯させる原因になるかもしれません。

【まとめ】中國でブランディングした日系企業が長く生き殘るためには?

以上、「おさえておきたい3つのポイント」を中心に、中國で日系企業のブランディングを成功させる秘訣を紹介しました。

最後に1つ、述べておかなくてはいけないのは、ことです。

1回名前が売れたことに、“あぐらをかいてしまっている”と、移り変わりの激しい中國市場の中で、あっという間に置いてけぼりにされてしまいます。

日本のマーケティング?ブランディングでも同じことだと思いますが、常に時代に沿ったニーズを追及している企業が、中國でも長く生き殘ることができる企業です。

今あるもののクオリティや値段を追及していくことも大事ですが、「今、中國ではどんな物が必要とされているのか?」と、広い視野を持って根本的に考える姿勢が必要そうです。

福彩内蒙古时时彩视屏の仕事です。

まずはお気軽に、お問い合わせください。