福彩内蒙古时时彩视屏 www.ndxdvp.com.cn

中國向けのWEBサイトを初めて制作するにあたって、日本のWEBの擔當者の多くが「何それ?」と疑問に思うのは、icp申請およびicpライセンスの取得に関することではないでしょうか。

中國大陸內で公開するWEBサイトは、icp申請?登録を行うことが義務づけられているのにも関わらず、「現地(中國大陸內)に法人がないと申請すらできない」という厳しい條件があるため、もはや?お手上げ狀態”の人も少なくないようです。

そこで今回は、「どうにか滯りなく中國向けのWEBサイトを開設したい!」という人に向けて、icp申請?登録、そしてicpライセンスの取得に関する基本情報をお伝えします。

中國のicp申請とは「會社の情報記録から許可までのフロー」のこと

icp申請やicpライセンスの「icp」とは、『Internet Content Provider(インターネット コンテンツ ブロバイダ)』の頭文字を取った言葉です。

中國で公開するWEBサイトの內容、および発信者の信頼性を明らかにするため、まず中國のプロバイダが會社情報の記録(ファイリング)を行います。

記録された會社情報は、中國人民共和國工業和信息化部(工信部)に送付され、無事にこちらの會社情報の信頼性が認められれば、中國でWEBサイトを公開、およびWEBコンテンツを展開する許可が得られます。

この一連の流れが、一般的に「icp申請」と呼ばれるものです。

「icp申請」と「icpライセンス」の違いについて

icp申請」と「icpライセンス」は混同されがちで、混同したところでさほど大きな問題も無いのですが、厳密にはこの2つには“違い”があります。

icp申請とicpライセンスの違いは、?中國でWEBサイトを公開すること”を、?日本で住所申請をすること”に置き換えて考えると、分かりやすいかもしれません。

● icp申請 ? 住む所を役所に申請する行為
● icpライセンス ? 申請が受理され、発行される市民カードの番號

まだややこしいかもしれませんが、「icp申請」は申請?登録行為そのものを、「icpライセンス」はicp申請の結果得られる“証”のことだと、大まかに理解していれば十分です。

當社『HLカンパニー』も、中國大陸內でWEBサイトの制作?運用をしたり、そのためのicp申請の代行を請け負ったりする會社ですので、icpライセンスを取得しています。

上の畫像の赤枠で囲っている數字列が、icp申請をクリアした企業に交付される番號です。

2005年以降、中國でicp未申請のWEBサイトを公開することは違法になりました。

icpライセンス(番號)の記載がないWEBサイトが、もしもネットパトロールで発見された場合、罰金の支払い命令やWEBサイトの封鎖措置が下されてしまいます。

ただ、今の中國のネットにおける?情報量の多さ”を考えるとおそらく、「自分で信頼できる情報を摑まなくては、質の悪い商品やサービスを摑まされてしまう!」という意識は、法律上の理由が無くても、自然と中國のヘビーネットユーザーの間に根付いただろうと推測できます。

仮に中國にネット規制が存在しなくても、いずれは「icpライセンスが記載されていること」が、“売れる”サイト制作上の必須條件になっていたのではないでしょうか。

中國でicp未申請のサイトは違法になるのはどうして?

罰金や強制封鎖などの厳しい措置がとられる、icp未申請の中國WEBサイト。

なぜ「違法」とするのか、明確な答えを知ることは、いちネットユーザーには出來かねます。

中國當局から、icp未申請のサイトを違法にする理由について、公的な回答が無いためです。

ただ、推測されている範囲でのicp申請義務化の目的は、「ネット上の違法なWEBサイト操作を防止し、悪意のある情報から中國ネットユーザーを守るため」や、「中國國內企業を成長させるため」であるだろうと言われています。

ちなみに香港に限っては、WEBサイトのicp申請および、icpライセンス取得の必要はありません。

あくまで中國“大陸內”で見られるWEBサイトを開設する場合に、icpの手続きが必要となります。

中國の「icp申請」から「icpライセンス取得」までの流れ

icp申請は、中國大陸內に「実態を持つ企業」が行うことができます。

一般事業だけでなく、社會団體や醫療関係など、中國の営業許可証を持っている會社?団體であれば申請可能です。


1. ドメインを購入する
2. プロバイダと契約をする
3. WEBサイトを運営する會社の資料をプロバイダに提出する
4. プロバイダから工信部に資料を提出する
5. 工信部が會社資料の審査を開始
6. 工信部の審査結果が合格であれば、icpライセンスが発行される

簡略化してはいますが、大まかに上記6つのステップを踏んで、icp申請は完了します。

プロバイダと工信部両方の2つのジャッジが必要で、基本的に?(WEBページを作る)會社と工信部で直接やり取りをしない”ことが、中國のicp申請に煩わしさを感じる一因かもしれません。

icp申請にかかる費用の目安は0円 ※自力で行う場合

icp申請およびicpライセンスの取得を、完全に自力で行う場合にかかる費用は0円です。

プロバイダ経由で工信部から、審査費用やライセンス番號の発行費用などを請求されることはありません。

もしも、中國進出企業向けのWEBサポートを行う會社に、icp申請を依頼する場合は、費用が発生します。

金額は會社によってまちまちですが、目安として初期費用は10萬円前後、維持コストは月々1萬円前後と見ておくとよいでしょう。

各審査がスムーズにいけば、icp申請から1週間ほどでicpライセンスを取得することが可能です。

逆に、何度も手続きが行き止まる等すれば、icpライセンスの取得までに1ヶ月ほどかかってしまうこともあります。

日本向けのWEBページ制作でも同じかもしれませんが、実際に公開したい時期より余裕を見て、icp申請を進めたほうがよいです。

「icp申請の代行」を中國拠點のWEBサポート會社に依頼するメリット

icp申請の代行を、有料で請け負う中國拠點のWEBサポート會社があることは、先ほど「icp申請からicpライセンス取得までの流れ」の項目で説明しました。

お金をかけてまで、icp申請を中國のWEBサポート會社に代行するメリットは、やはり複雑な手続きの負擔が無くなることにあるでしょう。

icp申請を進める際の“障壁”は、中國プロバイダおよび工信部に正しく理解される會社の資料準備や、言語の違いにあります。

中國獨自のネット事情に精通しているか、中國語に堪能であることが、スムーズにicpライセンスを取得する條件ですが、そう誰しもが簡単に會得できるものではありません。

また、icp申請に関する予備知識を入れていても、実際に準備を進めよう、手続きを進めようとすると、「これはどうすればいいの?」と分からなくなるケースは頻出します。

「餅は餅屋」という諺があるように、「中國のicp申請は中國のWEBサポート會社に任せたほうが効率がいいかも」ということです。

まとめ

以上、中國でWEBサイトを公開するなら必ず通るであろう、icp申請ならびにicpライセンス取得の基礎知識について、まとめました。

icpライセンス取得までのフローがとてつもなく多いという訳ではありませんが、プロバイダと工信部のダブルジャッジをクリアする必要があることや、中國語という言語の違いが、その道のりを険しいものにしています。

icp申請が壁となり、中國向けマーケティングの展開が遅くなることが懸念されるのであれば、有料でも日系企業のサポート実績を多數持つ、中國拠點のWEBサポート會社に?外注”することを、視野に入れてみましょう。

icp申請?登録の代行は當社『HLカンパニー』にもお任せいただけます。

中國向けWEBマーケティングのことでお困りの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。